サグーワークスの記事代行ならばライターから誤字脱字、コピー記事が納品されることはない!

railway-tracks-3455169_1280.jpg


ライターに依頼するとき、誤字脱字だらけ、コピー記事が納品されないか気になるかと思います。

その不安を少しでも緩和されればと思い記事を書きます。



私が聞いた話によると、記事執筆の依頼を知り合いのライターにしたら、お金だけ持って逃げていった。

記事は約束通り納品されたけど、誤字脱字だらけ。

さらに、他サイトをコピーして作っただけの記事。


そのようなことは多々あるようです。


そんな不安を解消してくれるのが、サグーワークスの記事代行です。

記事は、サグーワークス会員のライターさんが書くのですが、サグーワークス運営さんが厳しいチェックを実施するため誤字脱字だらけ、

日本語表現がおかしい、コピー記事が納品されることがありません



サグーワークスで企画から執筆までのすべての工程を丸投げすることもできて、1ヶ月間で1万アクセス来た例もあります。

この記事では、グリー、リクルートなどの大手の企業にも愛されているサグーワークスの魅力を述べます。



なぜサグーワークス?


サグーワークスには、「オーダーメイドプラン(詳しくは、「依頼方法は2種類ある」にて解説します)」があり、ブログの企画から執筆まで丸投げすることができます。


記事は、サグーワークスに登録しているライターが書きます。ライターが書いた記事をサグーワークス運営がチェックしますが、チェック内容が厳しいためちゃんとした(誤字脱字なし、おかしな日本語表現なし、コピペなし)記事が納品されます。


私もサグーワークスでライターとして記事を書いていますが、1カ所でも誤字脱字があると非承認になってしまった経緯があります。


また、他サイトの記事を参考にした結果、参考にしたサイトと酷似した文章ができあがってしまうことがあります。サグーワークスは、コピペチェックも厳しく実施しているため、他サイトと酷似した文章は非承認になります。


ライターにとっては、厳しいチェックですが、それだけ依頼者には良い品質の記事が納品されます。



Note:非承認とは

非承認とは記事として受け入れないことです。その甲斐もあり、記事の発注者には、コピペ記事なし、誤字脱字がない記事が納品されます。




依頼方法は2種類ある


サグーワークスの依頼方法は、2種類あります。



オーダーメイドプラン

企画から記事の執筆、さらに記事チェック、他サイトのコピペチェクまでやってくれます。サグーワークスのコンサルタントと打ち合わせしながら記事を作成していきます。


どんなキーワードで書いたらよいの?そもそもブログを書いている時間なんてないよ」という人におすすめのプランです。料金は最低でも20万円かかりますが、確実に集客したい人にとってはおすすめのプランです。


企画、SEO、記事作成、記事のチェック、コピペチェクまでを全て自分で行うことを考えると、安いプランと言えます。



オンラインプラン

料金は、オーダーメイドプランに比べて安いです(文字単価0.75円から)。ただし、集客方法を知っていて、かつ、どんな記事を依頼したら売り上げアップを見込めるか知っている人向けです。


記事を書く上でのルール、キーワードの指定は、依頼者がライターに対して細かく指示する必要があります。細かく指示しなくてもよいのですが、その場合、意図しない記事になることが多いようです。


依頼は、1記事から行うことができるので、試しに使ってみる時に良いプランと言えます。


サグーワークスの品質とは


サグーワークスの記事チェックは品質が高いと言えます。

すべての項目を解説すると長くなるため、チェック項目の一部について解説します。

記事チェックは「オーダーメイドプラン」「オンラインプラン」ともに実施してくれます。


体験談によるコピペチェックの精度

私も、サグーワークスでライティングをやっています。


私はある施設の紹介文を書いていました。その最、紹介文を書くときに他サイトの文章を参考して記事を書きました。


参考にしたサイトの文章の約30文字分を、そのままの文章で記事に書きました。その結果、その約30文字がコピーコンテンツとして見なされ非承認になってしまいました。


また、他の記事作成でも25文字分を参考にしたつもりがやはりコピーコンテンツとして見なされ、非承認です。

非承認になると、記事を依頼した人についてはお金の支払い発生しません。


このような体験から、サグーワークスの他サイトとのコンテンツ重複チェックは、自信を持って厳しいと言えます。


誤字脱字チェック

記事の納品後、誤字脱字チェックも厳しく実施します。1文字でも文章がおかしい場合は、非承認になります。

他にも日本語の表現が適切かどうかもチェックしてくれます。


目線チェック

指定された目線に誤りがあるケースでも非承認なることがあります。

例えば、第三者目線指定なのに、主観的な書き方をしてしまったケースなどがあります。


記事の依頼ならお金が安いクラウドソーシングを使えば良いと言われますが・・・

記事の作成だけならば、安いコストで(文字単価 0.25円から依頼することも可能で破格)ランサーズ、クラウドワークスなどのクラウドソーシングで記事を依頼することも可能です。ただし、記事の納品後の誤字脱字チェック、コピペチェックは自分自身で行う必要があるため返って、時間的なコストが大きくなってしまいます。



まとめ


いかがですか?

ライターに直接仕事の依頼するのは、お金を持ち出ししたり、いきなり連絡が取れないことがありリスクです。

また、ライターの技量によって、意図しない文章が納品されることもあります。


サグーワークスならば、運営が厳しくチェックしているためリスクを回避できます。

サグーワークスを使ってみたいと思ったら以下をクリック!