サグーワークスの登録から記事の依頼の流れまで解説しますよ!

student-849825_1280.jpg



サグーワークスは、記事を依頼した後は、記事が上がってくるのを待つのみだ。

サグーワークスの運営は、コピペチェックしてくれるし、ライターとのやりとりをしてくれる。


そんなことはわかっているよ!



この記事では、サグーワークスを使って登録から実際に記事を依頼するところまで解説します。

所要時間は、登録までが5分ほど、記事の依頼は30分ほどです。


 サグーワークスはコンテンツ作成の面倒な手間を引き受けます!


登録の流れ概要


登録から記事の依頼の流れは以下の通りになります。



1. 会員登録する

2. メールの確認をする

3. ログインする

4. 発注時、依頼方式「オーダーメイドプラン」「オンライン発注プラン」のどちらかを選ぶ

オンライン発注プランの場合:

 エクセルをダウンロードできるのでキーワードを書きます。

 ライターは、エクセルに書かれたキーワードを元にして記事を書きます。

5.記事ができあがるのを待ちます


会員登録から依頼までの流れの詳細


記事の依頼方式は、「オーダーメイドプラン」「オンライン発注プラン」があります。


■オーダーメイドプランとは

専属のコンサルトが担当についてくれてSEO視点でアドバイスしてくれます。例えば、オンライン販売していて集客したいがどんな記事を書いたらよいか、どんなキーワードを選んだらよいのかわからない場合におすすめです。


ただし、原則最低20万円以上からの発注(品質確認のためのテスト発注ができる。その場合は、20万円以下でも可能です)になります。



■オンライン発注プランとは

1記事から依頼できるプランです。

値段は、文字単価0.75円(ライターランクはレギュラー。レギュラーとは、ライターの初心者レベル)から依頼できるのでおすすめです。

レギュラーライターと言っても、サグーワークス運営がコピペチェック、誤字脱字チェック、ルールチェック(文末の「です・ます」「だ・である」調の統一)はやってくれます。

記事の依頼は、高い表現力や文章構成力を求めなければレギュラーライターで十分です。


ただし、1記事当たり文章が3000文字を超える文章になってくると、ゴールドライター以上でないと依頼ができなくなります。


1記事当たり5000文字を超えたらプラチナライター(文字単価3.0円以上)でないと依頼ができません。


これ以降の解説では、「オンライン発注プラン」を例に解説します。


サグーワークストップ画面


会員登録

「発注者アカウント新規作成」画面でメールアドレスを登録します。


発注者アカウント新規作成.png

メールの確認


登録後、メールが届くので確認します。
確認後、承認するためURLをクリックします。

メール確認.png

 

ログインする

ログインします。



依頼する(発注する)

「オンライン発注プラン」を選択します。


記事数、文字数、記事タイプ、ジャンル、記事のテーマ、内容、想定読者、文末表現、目線などの情報を登録します。


登録内容がたくさんあって大変ですが、ここで手を抜いてしまうと想定外のものが上がってくるので注意が必要です。


ライター視点(筆者もライターです)から言うと

必須ではないが、認識のズレを防ぐ意味でも次のものを登録しておいたほうが良いでしょう。

■例文

例文があるとライターは、どんな視点で書いたら良いのか明確になるのであったほう良いです。例文がなければ参考になるページのURLを貼っておくのがおすすめです。


■その他指定事項

時間の経過で「過去」になってしまうもの。

たとえば、テレビ番組のキーワードを使わない方が良いです。

今現在、放送されていても、数年後は放送されていないことがあるためです。


実例をあげると以下のとおりです。 

「○○番組で有名なレストランです」などの表現。

「○○番組」は、今は放送されていても2年後は、放送が終了しているかもしれません。


段落・キーワード情報の登録

エクセルをダウンロードできるのでキーワードを書きます。

ライターは、エクセルに書かれたキーワードを元にして記事を書きます。


キーワードの登録.png


記事ができあがるのを待ちます

記事の依頼ができたら、あとは、記事が出来上がるのを待つのみです。

出来上がった記事は、コピペチェック、誤字脱字チェック済みのものが納品されるため、わざわざ記事のチェックなど必要はありません。



まとめ


いかがでしょうか?

登録から依頼まで、難しいことはないと思います。

文章を書く時間から解放されたい!そのような場合は、サグーワークスを使って記事を依頼した方が良いでしょう。

サグーワークスは、1記事からでも依頼できるので、試してみたいと思ったら以下をクリック!