サグーワークスのコピペチェックは、非常に厳しかった!これならば安心して依頼できる!

paper-623167_1280.jpg


新規のお客様、リピータを獲得するためにオウンドメディア(ブログなどでお客様に役立つ情報を提供します。役立つ情報を提供することによりお客様に商品を購入して頂くこと)を活用するようになってきました。


WEBコンテンツがGoogle検索の上位に表示されるためには、読者に役立つ記事が100ページほど必要と言われています。一人で100ページ分を作成するには、1ページあたり2時間かかる人であれば200時間ほどかかります。


200時間と言えば、一ヶ月の仕事時間(1日8時間で20営業日で換算)と40時間分の残業時間です。非常に時間がもったいないです。


それならば、誰れかに記事を書いてもらえば良いのです。しかし、身近にライターがいない限り、記事を書いてくれる人を探すのは困難です。そこで記事の代行業者を考えます。


記事の代行は、ライターとのやりとり、ライターが書いた記事のチェック(特に、コピーコンテンツのチェック)まで一括でしてくれるサグーワークスがおすすめです。

 日本最大級の記事作成サービス【サグーワークス】

特に、コピペチェックの精度が、容赦なくやばいくらいに高いです。



サグーワークスをおすすめする理由

サグーワークスをおすすめする一番の理由は、精度が高いコピーコンテンツのチェックです。


どのようにしてコピペチェックの精度が高いの?


筆者も、サグーワークスでライターをやっています。


サグーワークスの記事作成で、ある施設の紹介文を書いていました。筆者は、紹介文を書くときに他サイトの文章を参考して記事を書きました。

参考にしたサイトの文章の約30文字分を、そのままの文章で記事に書きました。その結果、その約30文字がコピーコンテンツとして見なされ非承認になってしまいました。

また、他の記事作成でも25文字分を参考にしたつもりがやはりコピーコンテンツとして見なされ、非承認です。


非承認になると、文章を書いたライターの報酬は0円です。記事を依頼した人についてもお金の支払い発生しません。


このような体験から、サグーワークスの他サイトとのコンテンツ重複チェックは、自信を持って厳しいと言えます!!



コピペとみなされたら依頼はお金の支払いはない


ライターが書いた記事がコピペとみなされたら、その仕事は非承認(非承認ついてはこの後に記載する「記事チェックの流れ」を参照してください)になります。非承認になるとライターにお金が支払われません。


記事チェックの流れ:

ライターが記事を書いたら運営に成果物を投稿します。

その後、投稿された記事を、コピーコンテンツ(他サイトからコピーして作成した記事)なっていないか、文末表現が指定通り(「ですます調」で指定しているのに「だ・である調」になっている)になっているかなどチェックします。


チェックの結果、問題があれば非承認になります。非承認になるとライターにお金が支払われません。

一方、記事を依頼した人は、非承認になった記事については料金は発生しません。



コピペチェックのメリットは独自コンテンツ

厳しいコピペチェックのおかげで記事の依頼者は、他のサイトにはない独自コンテンツ(記事)を受ける取ることできます。


でも、ライターが過去に投稿した記事をそのまま新たに投稿する可能性があるのでは?

いいえ、記事の使い回しができないようになっているので安心です。


もしサグーワークスのようにコピペチェックがなければどうなる?


ランサーズやクラウドワークスのようなクラウドソーシングは、ライターと直接やりとりをします。ライターに記事を依頼したら、ライターが書いた記事を自分でコピペチェックをする必要が出てきます。運営は、コピペチェックをしてくれません。


「コピペチェックは面倒だ!ええぃそのままWEB上に公開してしまえ!」

とチェックせずにコピーコンテンツをWEB上に公開してしまうと、コピー元のサイトから訴えられ訴訟になることもある。その結果、高額な費用を支払う羽目になります。だからこそ、コピペチェックが必要になります。


どんな人がサグワークスを使うの


これまでコピペについて書いてきましたが、実際にどのような依頼でサグーワークスを使うのか解説します。


サグーワークスで記事を依頼する場合は、以下のケースにおすすめです。

・農家がオンラインで野菜を売る

・転職サイトのビジネスマナーなど

・保育園などの紹介文

・介護施設の紹介文


ただし、アダルト関連の記事は受け付けてくれません。

アダルト関連の記事は、クラウドソーシングであれば依頼できるようです。


まとめ

いかがでしょうか?

サグーワークスでは、コピペチェックなどの品質の管理をしてくれると言えます。


ライターとのやりとりは、サグーワークスの運営がやってくれるので、依頼者は依頼したらあとは記事が来るのを待っているのみです。



もし、サグーワークスを使って、手間(ライターとのやりとり)をかけずにホームページに人を呼びみたい人は以下をクリック