クラウドソーシングのトラブル回避にサグーワークスがオススメな3つの理由

IMG_0125.JPG


ライターに記事の作成を依頼するとき、低コストで依頼できるクラウドソーシングを使う思います。

クラウドソーシング上でライターとやりとりしていると、トラブルもたくさん発生します。


良くあるトラブルが以下の通りです。

  • 納期日にライターと連絡が取れなくなる(仕事を途中で放棄)
  • ライターによって記事の質(誤字脱字が多い、文章が幼稚)がバラバラ
  • コピペした記事を納品してくる
  • スキルがないのに高額なお金を要求してくる。

このようなトラブルが発生すると、対応に追われ、仕事が進まなくなったり、貴重な時間を浪費してしまいます。安いコストで記事を依頼できたとしても、やりとりで時間を使ってしまっては意味がないです。



そんなトラブルと全く無縁なサービスが、これから紹介する記事代行のサグーワークスです。

日本最大級の記事作成サービス【サグーワークス】  


サグーワークスがオススメな3つの理由


ライターさんとやりとりは巻き取る

サグーワークスでは、発注者とライターとのやりとりを吸収してくれます。発注者は、依頼したら記事が納品されるまで待つのみです。



具体的な仕組としては、記事の作成依頼をサグーワークスにします。

サグーワークスが依頼を受けたら、登録しているライターに、一斉に記事作成依頼します(クラウドワークスやランサーズのタスク形式のお仕事のようなものです)。

「このジャンルならば書ける!」と名乗りを上げたライターさんが、記事を書いてくれます。



記事が完成したら、サグーワークス運営がチェック(詳しくは、後で述べる「品質の担保」にて)し、問題なければ発注者に納品されます。



その間、ライターとのやりとりは一度もないです!だからこそ、ライターとのトラブルを防いでくれます。



コピペチェクを実施する

クラウドソーシングの場合は、自分でチェックをしなければいけませんが、意外に手間です。
サグーワークスは、コピペチェクを実施してくれます。


ライターのレベルを選べる

クラウドソーシングでは、実際に依頼してみないとライターのスキルがわかりません。また、腕の良いライターを見つけるのは、一筋縄でいきません。


サグーワークスならば、ライターのレベルを選ぶことができます。

ライターのレベルは、レギュラー、ゴールド、プラチナの3つが存在します。

要求する記事のレベルに合わせて、ライターさんのレベルを選びます。



文章の構成力、表現力を問わない場合

体験談、口コミなど比較的、文章構成、表現力を問わないのであれば、レギュラー

ライターさんがオススメです。


レギュラーライターさんは、駆け出しのため魅力的な表現力を身に着けておりませんが、文字単価は0.75円から依頼できます。

一番安いお金で記事を依頼したい場合は、レギュラーライターさんがオススメです。


ある一定の文章の構成力、表現力がある文章を書いてほしい

プラチナライターに依頼するのがオススメです。


プラチナライターになるためには、構成力、表現力、クライアントが求めている文章が書けるかどうかチェックする厳しいテストがあります。


テストの難易度は、3回受験してやっと合格できるレベルです。レギュラーライターが、プラチナライターになるまで早い人でも3ヶ月程度かかるようです。


厳しい条件をくぐり抜けてきた人たちだから、構成力、表現力がある記事を期待できます。


文字単価は、最低でも3円と高くなりますが、表現力がある文章を作って欲しい、他のサイトよりも人を呼び込みたいという時はオススメです。



品質の担保

レギュラーライター(文字単価が一番安いライター)に依頼した場合でも、文章の基本である誤字脱字のチェック、コピペチェックをしてくれます。


プラチナライターに至っては、さらに表現力もみてくれます。


あえてデメリットを挙げるとしたら

サグーワークスのメリットは、品質の担保、クライアントとのやり取りを巻き取ってくれるなど多数あります。


デメリットを挙げるとしたら、クラウドソーシングに比べて依頼料金が高いことです。


文字単価は、安くても0.75円(レギュラーライターに依頼)からです。

500文字程度の記事を100件依頼した場合は、税込みで40,500円になります。


クラウドソーシングのランサーズの場合は、文字単価は安くて0.25円(発注者が決められる)程です。

500文字程度の記事を100件依頼した場合は、12,500円になります。


サグーワークスとの差額は、28,000円になりますが、100記事分を28,000円でコピペチェック、誤字脱字チェックの時間を巻き取ってくれると考えればコスト的に安いと思います。



まとめ

いかがですか?サグーワークスであれば、クラウドソーシングで起きていたトラブルを回避できます。

ランサーとのトラブル、品質の担保、コピペ問題で不安がある方は、サグーワークスで記事を依頼してしてはいかがでしょうか?