クラウドソーシングとサグーワークス!品質が高い記事が欲しい場合は、どっちがオススメ?

butterfly-1829404_1280.jpg



入社して1年目、上司からこんな仕事を依頼されました。



「売り上げアップのために、ユーザに役立つコンテンツ(ブログ)を公開したい。そこから、ファンになってもらい、購入へつなげたい。期待しているよ♪」



さらに追い打ちをかけるように・・・


「当然のことだけど、品質が良いコンテンツじゃないと検索結果の上位を狙えないし、ユーザが離れていくから、良いものを作ってね。期限は一週間。コンテンツ(記事)は、10コ以上あると良いね」



入社1年目の新卒社員は、これまで文章を書いたことがないので、いきなり言われてもどうしたらよいかわかりません。


自分で勉強してコンテンツ(記事)を書く方法もありますが、一週間という短期間ではとても不可能です。そんなときは、腕の良いWEBライターに記事を書いて頂くのがベターです。



そんな簡単に腕の良いWEBライターが見つかるわけがない!?

それが、あります!


サグーワークスという記事作成サービスです。


 日本最大級の記事作成サービス【サグーワークス】



記事作成サービスと聞くとクラウドソーシングを思い出します。

クラウドソーシングの方が、安い費用で受注者をコキ使えるから良いのでは?



安いと言うことは、それなりの悪いこともあります。

この記事では、なぜ記事代行はクラウドソーシングでなく、サグーワークスが良いのか解説していきます。



サグーワークスとはどんなサービス?

サグーワークスとは、ブログ記事などのコンテンツ制作を文字単価0.8円~で請け負う記事作成サービスです。現在、1700社から発注実績があります。


オーダーメイドプラン&オンライン発注プランがあります。

特徴を解説します。


オーダーメイドプランとは

ディレクターがSEOの視点で記事のアドバイスをしてくれます。

ざっくりした希望をディレクターに伝えると、一緒に記事の方向性をつくるプランです。

先ほどの入社1年目の社員のように「どんな記事を書いたら良いの?わからねーよ」という人におすすめのプランです。



ファイナンシャルプランナー、医師などの専門家が監修してくれるのでより品質が高い記事が期待できます。

予算は、20万円以上になります。


オンライン発注プラン

さすがに20万円以上は出せねーよ!

そんな人におすすめなのは、「オンライン発注プラン」です。

作りたい記事の情報をオンライン上の入力フォームで設定するだけで、発注できます。



記事数、一記事当たりの文字数、記事のテーマ、ライターレベル(次の章で解説します)などの情報を入力すると、すぐに発注できます。



ただし、オンライン発注プランは、ほしい記事が明確に決まっている場合に向いているプランです。

「どんな記事を書いたら良いの?わからねーよ」という場合には、残念ながらおすすめできません。



ライターレベルとは

サグーワークスには、多数のライターが所属しています。ライターには、記事作成能力によって、3つのレベルが存在します。

3つのレベルについて解説します。



レギュラーライター

一言で言うと、駆け出しの素人のライターのことです。

記事を書いてお小遣い程度のお金を稼ぎます。記事の品質は、高くない分(といっても、コピペチェック、レギュレーションチェックはサグーワークス運営がやってくれるので安心してください)、文字単価も0.8円以上と安い費用で発注できます。



ゴールドライター

レギュラーライターが、昇格するとなることができるレベルです。記事を作成の際のルールや指定の多い記事を書く場合に向いています。

文字単価は、1.5円以上と少々高めです。



プラチナライター

サグーワークス独自の試験を合格した人のみ与えられるレベルです。プラチナライターの試験は、難易度が高く、文章力、構成力がないと不合格になります。ネット上に「プラチナ落ちた」と嘆いている書き込みをよく見かけます。


プラチナライターに依頼する記事としては、コラム記事や長い文章に向いています。

文字単価は、3.0円以上と高めです。



DSC_0026.jpg

クラウドソーシングと何が違う

サグーワークスとクラウドソーシングの違いを解説します。


承認条件が厳しい


サグーワークスは、成果物(記事など)の承認条件がクラウドソーシングに比べて難しいと言われています。


ネット上でも「非承認された!厳しすぎないか!!」と言われているほどです。

承認とは、ライターさんが納品した記事の品質チェックを実施して、一定の品質であればOKを出すものです。


記事を発注する側から見たら、厳しく記事をチェックして頂いているので、高品質な記事を受け取ることができます。



コピペチェックをやってくれます

クラウドソーシングで発注して、記事が納品されたとします。しかし、納品物が他のWEBサイトのコピペになっていることも少なくありません。コピペに気付かず、うっかり公開してしまうと、最悪、訴えられてしまうことがあります。


そこで自分自身でコピペチェックをしますが、意外に手間だったりします。

サグーワークスでは、そのような手間を吸収してくれます。コピペチェックしてくれるので、記事が納品されたらすぐに公開できますね。



受注者とのやりとりがない

クラウドソーシングのように仕事を受注したライターさんとやりとりの必要がありません。その結果、発注したら後は記事が上がってくるのを待つのみです。やりとりで空いた時間を他のことに使うことができますね。



承認作業をしなくて良い

クラウドソーシングを使っていて意外に面倒なのが承認作業。

品質のよい記事なら良いですが、品質が悪いと非承認にしなければなりません。非承認にすると、「なんで承認されないのですか?」と受注者から質問がきたら、その説明が面倒だったりします。



まとめ

いかがですか?記事作成サービスならば、クラウドソーシングを使う方法もありますが、サグーワークスであれば、コピペチェック、承認作業など面倒な作業をやってくれます。


記事の品質も、クラウドソーシングではライターによってバラバラになるところを、運営の努力により一定の質を保ってくれます。


料金は、クラウドソーシングより割高になってしまいますが、検索エンジンの上位、ユーザに喜ばれる記事を依頼するならば、サグーワークスがおすすめです。



もし、サグーワークスで記事を依頼したくなったら、以下をクリック!