サラリーマン向け!ブログの記事は、ランサーズに依頼して自分の時間を確保しよう!!

 tzb-000462-l.jpg



ある転職サイトの情報によると給料に不満を持っているサラリーマンは、50%以上いるとのことです。


会社の給料だけでは生活できないから副収入がほしい、

将来起業したいから給料とは別の収入元がほしい


そのような理由で副収入を得るためブログを書いている人がたくさんいます。


しかし、毎晩終電まで仕事をしていて、ブログを書くための時間を確保できないことがあります。

そんなときは、自分以外の誰かに書いてもらうのも一つの手段です。


誰かに代筆して頂く一つの手段がクラウドソーシングサービスであるランサーズを使うことです。ランサーズは、日本で一番古いクラウドソーシングサービスで老舗と言われています。



ランサーズで依頼する

ランサーズは、日本最大級のクラウドソーシングサービスです。

ランサーズであれば、ブログの1記事を100円以下で依頼することも可能です。また、ランサー(仕事の受注者)を最短で1日で探すことができす。


クラウドソーシング「ランサーズ」  


ランサーズは、登録までは無料でできます。

お金の支払いが発生するのは、ランサーが仕事を終えたときなので、仕事を依頼したのにお金を持ち逃げされた!ということは発生しません。



ランサーに記事の依頼することができれば、あなた自身がブログを書かなくてもランサーが書いてくれるので、その分の時間を自分のために確保できす。



なぜ100円以内で依頼できるの?

タスク形式の仕事であれば最安値で100円以下で依頼することができます。

なぜそのようなことができるのか、解説します。


ライティングの練習のため

理由の1つは、ライティング初心者の方がWEBライターになるための修行をするためです。


ランサーは、手始めに報酬額が100〜200円程度の低いタスクをこなし、実績を積んで評価を挙げようとします。評価を上げた上で、より報酬額が高いタスクやプロジェクトをこなしていきます。


逆にいえば、経験を積んだランサーは、文字単価が1円未満の仕事を請け負わないともいえます。


誰でも書ける内容

100円の記事は、アンケート、口コミ、読書感想文と体験したことがあれば誰でも書ける記事です。


そのような記事は、文章のスキルを問わない事が多いです。

そのため、ライティング経験が無い人でも書ける記事なのです。


アンケートや口コミなどのまとめサイトを作る際は、1記事あたり100円以内で依頼できるため、ランサーズはおすすめといえます。



隙間時間できる

タスク形式であれば、電車の移動、待ち合わせの空き時間など暇つぶしにやる人がいます。5分で書けるようなタスク(タイトルで「5分」と書いてあっても実際はそれ以上の時間を要することがほとんどですが・・・)であれば、ランサーは取り組みやすいのです。


逆にいえば、1000文字以上など数時間かかるようなライティング記事(玄人のライターになると1時間に2000文字くらい書けるようです)については、依頼しても誰も着手してくれないとも言えます。




タスク形式とは?

簡単に言うと、1つの依頼で複数のランサーに仕事を依頼できるものです。

たとえば、


キーワード

就職 成功 体験談


依頼文

就職に成功したときのエピソードを、内定がなかなか貰えない学生にアドバイスするように書いてください。




このように依頼すれば、短時間(私がランサーズのサイトを見る限りでは100件の記事が一週間で集まっていた)で依頼内容によりますが100件以上の記事を集めることも可能です。



100記事も1万円以内

1つのブログは、100件以上記事があると、読書が検索エンジンから来やすくなる言われています。

1記事100円以内で依頼できるならば、100記事分でも1万円で書けることになります。



自分一人で100記事を書くとしたら、1記事1時間としても100時間かかる計算になります。



時給1,000円として、100時間記事のために時間を使ったら10万円分のお金に相当します。つまり自分で100記事文書いたとしたら9万円分(10万円 - 1万円)の時間(90時時間)を損していることになります。90時間もあれば、自分の趣味に時間を割いたり、旅行に行ったり、副業したりもできます。



あなたの時給が2000円だとしたら、20万円分損していることになる。

よって、ランサーに依頼したら、自分のための時間をゲットできるわけです。



まとめ

自分ですべての記事を書いてしまう方法も良いですが、

人に仕事を依頼できれば、時間なコストを削減できます。


ランサーズでランサーに記事を書いて頂く選択肢はいかがでしょうか?

もし、ランサーズを使ってみたいと思った方は以下をクリック




クラウドソーシング「ランサーズ」