ランサーズだとなぜ1記事あたり100円以内でタスクを依頼できるの?3つの理由

P4150406.jpg 


ああーー

また今日も終電まで仕事だよ~

家に着いたら夜中の1時だよ。

これじゃー(ブログの)記事の更新ができないよ~

だれか、記事の更新やってくれないかな!?

おれ、サラリーマンだから予算ないからできるだけ安い費用でお願いしたいよ。



安い費用で仕事を依頼したいのであれば、クラウドソーシングを使うのがおすすめです。


クラウドソーシングの中でもランサーズであれば、100円以内で記事を依頼することが可能です。


個人でブログを書いていて、仕事などで忙しく更新が滞ってしまっている場合は、ランサーに依頼して記事を増産することができます。


クラウドソーシング「ランサーズ」



なぜ100円以内で請け負う人がいるのか?3つの理由




ライティングの練習のため

理由の1つは、ライティング初心者の方が練習するためです。


ランサーは、手始めに報酬額が100〜200円程度の低いタスクをこなし、実績を積んで評価を挙げようとするからです。

評価を上げた上で、より報酬額が高いタスクやプロジェクトをこなしていきます。


逆に、経験を積んだランサーは、文字単価が1円未満の仕事を請け負わないともいえます。


誰でも書ける内容

100円の記事は、アンケート、口コミ、読書感想文と体験したことがあれば誰でも書ける記事です。


そのような記事は、文章のスキルを問わない事が多いです。

そのため、ライティング経験が無い人でも書ける記事なのです。


アンケートや口コミのまとめサイトを作る際は、1記事あたり100円以内で依頼できるため、ランサーズはおすすめといえます。



隙間時間できる

タスク形式であれば、電車の移動、待ち合わせの空き時間など暇つぶしにやる人がいます。5分で書けるようなタスク(タイトルで「5分」と書いてあっても実際はそれ以上の時間を要することがほとんどですが・・・)であれば、ランサーは取り組みやすいのです。


逆にいえば、1000文字以上など数時間かかるようなライティング記事(玄人のライターになると1時間に2000文字くらい書けるようです)については、依頼しても誰も着手してくれないとも言えます。





100円では依頼できない記事とは?


「売れるキーワード」を使って記事を書いてくれと依頼するもの


100円で依頼できるランサーは、ランサーズ初心者がほとんどです。記事作成に慣れていない場合がほとんどのため、「売れるキーワード」どころか「キーワード」を意識して書くことに慣れていないです。


もしこのような依頼をしたい場合は、「キーワード」を指定した上で、依頼文に「文章の中に7回以上、指定したキーワードを使ってください」という指定をすべきです。


依頼文に指定が多くなると、安い報酬では仕事をしてくれるランサーが少なくなるので、報酬を高めに設定した方が良いです。相場は、1文字あたり1円が相場です。



専門性が高い記事

医療、法律関係など専門性が高い記事は、専門の資格を要する人が書くことが多いです。このような記事を書ける人は、少なくなってくるため、安い単価では誰も引き受けてくれません。

私が見る限りでは、1文字あたり2円〜4円ほどの依頼料金になっていました。



依頼する上での注意点


安いと言うことは、その分デメリットもあります。



他のWEBサイトコピーした記事が納品されることがある

残念ながら、他サイトからコピペしただけの記事が納品されることがあります。うっかり、コピペ記事を載せてしまうと、コピペされた人から訴えられ損害倍書を払う羽目になることがあります。

ランサーから記事が納品されたら、必ずコピペチェックを実施しましょう。


質の低い記事が納品されることがある

報酬が低いタスクは、ランサーズ初心者が実績をつけるために着手するランサーが多いです。

よって、プロのライターではない全くのど素人が文章を書くことが多いため、質の高さを宛てにしてはいけません。(報酬額が安い結果)質が低い納品物を受け取った場合、自分で記事の修正が必要になるでしょう。




まとめ


いかがでしたか?

クラウドソーシングのランサーズであれば、100円以内で記事を依頼することが可能です。


時間がなくて(ブログの)記事の更新ができないよ~

だれか、記事の更新やってくれないかな!?


ランサーズを使ってみたくなった人は、以下をクリック!

クラウドソーシング「ランサーズ」