ランサーズ・実名の登録したらメールが怒濤のようにくる?

british-shorthair-3113513_1280.jpg

クラウドソーシング日本最大級のランサーズは、500文字程度の記事の依頼であれば、100円以内で発注が可能です。

安いコストで仕事を依頼したい場合は、もっとも良い方法の一つです。



ランサーズも会員制のため実名によるユーザー登録が必要です。

(ランサーズ以外の)WEBサイトによっては、

「うわーー(実名)登録したら迷惑メールがたくさんきたよ~泣」

「登録したらセールス目的のメールが多数来るようになった!」

という声も少なくありません。



だから、ランサーズでも登録したら迷惑メール、もしくは、毎日怒濤のようにメールが来るのでは?と心配になります。



結論から言うと、メールが来るようになるのは確かです。

しかし、メールが全く来なくすることもランサーズの設定画面で可能です。

詳細は、このあとに記載する「メールの設定方法」で詳しく解説します。

ランサーズに登録後メールが来る頻度は?

メールが来る頻度は、設定によりますが、1日に大体2通~3通ほどです。


ランサーズのメール設定画面で「すべての通知」をメールで受け取るような設定をしていれば、1日に20通、30通来るかもしれません。


また、メールを全く来ないようすることも可能です。



具体的な設定方法は、「メールの設定方法」で解説します。



どんなメールが来るの?


メールの内容は、以下の通りです。

  • 新着のお仕事(案件)の情報
  • より仕事をゲットするためのノウハウ(提案の当選率を向上させるコツ)
  • ランサーからのメッセージ
  • 発注者からのメッセージ

どのメールもお仕事をする上では必要な情報と言えます。

「より仕事をゲットするためのノウハウ」「新着のお仕事(案件)の情報」は、一種のセールスメールかもしれません。



たしかに、仕事の依頼後、ランサーが仕事をすれば、ランサーズにも手数料としてお金が支払われます。



しかし、このようなメールのおかげで仕事が円滑に進むので、発注者、ランサーにとってもメリットがあります。



つまり、Win - Winの関係が成立しているといえます。



メールが来ないことのデメリット


お知らせのメールは、来ないようにすることも可能です。

メールが来なく、誰からも邪魔されない快適な時間を過ごすことができます。



デメリットは、ランサーや、発注者からのメッセージが来てもリアルタイムに気付かなくなるため、新しい仕事の情報のキャッチアップが、できなくなります。


特に、

・ランサーからの「納期が遅れます」の連絡

・発注者からの仕事に関係する連絡


このような重要な連絡を取り逃すと、信頼関係が壊れることにつながるため仕事が円滑に進まなくなります。


重要な通知については、メールでも確認できるようにしておくことをオススメします。

※メールが来ない設定をしていても、ランサーズにログインすれば、キャッチアップできます。



メールの設定方法


お知らせメールの通知は、以下のように行います。


(1)ランサーズにログインします。


ランサーズのログインしたあとの画面.png



(2)プロフィールのアイコンをクリックしたあと「会員情報管理」をクリックします。



(3)「会員情報管理」画面で「メール通知設定」ボタンをクリックします。



会員情報管理画面.png



(4)「メール通知設定」画面が開きます。

  好みに合わせて、メールの通知設定をします。

  全てのチェックを外す、「お知らせ」を受け取らない設定にすれば、全くメールが来なくなります。


メール設定画面.png




ランサーズへの登録方法

http://crowdsourcing.xblog.jp/article/456074342.html




もしランサーズに登録がお済みでない場合は、以下からランサーズに行くことができます。


クラウドソーシング「ランサーズ」


まとめ

いかがですか?

ランサーズでは、メールの送信設定ができるため、全くメールが来ないようにすることができます。

メールが全く来ないとお仕事に関する重要なメールを逃す可能性があるため、あなたの状況に合わせた設定をすることをおすすめします。



ランサーズを使って金銭的なコストを安く抑えたい方は以下をクリック!



クラウドソーシング「ランサーズ」